MENU

美白と紫外線との関係性って?

美白には紫外線が大敵だって事は、女性の方でしたら殆どの方がご存知でしょう。
それでは、美白と紫外線との間には、一体どんな関係性があるのでしょう。

 

まず、紫外線は、UVAと呼ばれる長波長紫外線と、UVBと呼ばれる中波長紫外線の2種類に大きく分けられています。

 

UVAは、皮膚にハリを与えるコラーゲンやエラスチンと言ったものにダメージを与えて、シワやたるみの原因となります。

 

そして、UVBは、肌の表面に作用して、シミの原因になると言われています。
このように、紫外線は美白の大敵どころか、肌の老化まで早めてしまう、女性にとっては何がなんでも避けなければならないものなのです。

 

それでは、紫外線を防ぐ為には、どのような方法があるのでしょう。
一番簡単で、しかも、有効な手段と言えば、やはり、日焼け止めを塗る事です。

 

朝の10時からお昼の2時に掛けては、一日の中で一番紫外線が強い時間帯と言われていますので、この時間は特に気を付けてくださいね。

 

日焼け止めが苦手な人も、最近では軽いつけ心地のローションやミルク、クリームなど、様々な種類が出ていますので、きっとあなた好みの日焼け止めが見つかると思います。

 

ちなみに、日焼け止めに明記されているSPF値は、値が高い程、肌への負担が増加してしまいます。

 

美白の為に高い値のものを選んでいたら、却って肌へダメージを与えてしまいかねません。日常のUVケアには、15〜20程度の日焼け止めで十分でしょう。