MENU

美白になるにはタバコはダメ?

「肌を美しく保つ為には、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく耳にしますよね。
それは美白に関しても同じ事です。

 

本当に美白を望んでいるのであれば、タバコは即刻止めるべきでしょう。
その理由として一番に挙げられているのが、タバコによるビタミンCの消費です。

 

ビタミンCは美しい肌を保つ為に、とても重要な栄養素ですが、タバコを1本吸うごとに体内にある25mgものビタミンCが破壊されてしまうと言われています。

 

ちなみに、レモン1個分のビタミンCと言われている量は20mgです。
タバコを1本吸うごとに、美肌に必要とされているビタミンCをこれだけ破壊しているのですから、良くないと言う事は判りますよね。

 

そうは言っても、嗜好品であるタバコはなかなか止める事は出来ないでしょう。
そんな時には、少しでも吸うタバコの本数を少なくしたり、タバコを1本吸うごとにビタミンCのサプリメントを摂取したりするだけでも違ってきます。

 

ビタミンCは水溶性ですので、一度に大量に摂取しても、余った分は体外へ排出されてしまいます。
時間を空けて、適量を摂取するようにしましょう。

 

20代までは、タバコを吸っている人と吸っていない人の肌に、それ程の差は感じられません。

 

けれど、30代になってくると、タバコを吸っている方の肌は毛細血管への血流の悪さから、毛穴の開きや肌のたるみ、しみ、しわ等、顕著に違いがあらわれてきます。

 

そうなってから後悔しないようにする為にも、もし、止められるようであれば、タバコは止めた方が良いでしょう。